犬猫のアトピー・アレルギー・脱毛症・外耳炎・涙やけ等でお困りの方は、あきらめずに皮膚病専門の神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院にご相談ください。

日本獣医皮膚科学会会員
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院
【神戸市】犬・猫皮膚科一般診療
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院 tel:078-594-1811
午 前 診
10:00~13:00
※最終受付 12:45
午 後 診
15:00~18:00
※最終受付 17:45
木・日・祝 定休
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
院長コラム

院長のコラム

一覧に戻る

犬の主要伝染病

症状 感染源 感染方法
特徴
犬ジステンパー 肺炎・腸炎
脳炎
唾液・喀痰
鼻汁・眼脂・尿
飛沫(空気)感染
間接感染
伝染力極めて強く(広範囲)・死亡率高い
環境中でウイルスは弱く2~3時間から2~3日間まで
室温で7~8日間ウイルス生存・3年ごとに流行(12~2月)
ほとんどの消毒剤で容易に不活化・換気・乾燥
②犬パルボウイルス 出血性腸炎
(腸炎型) 心筋炎
(心筋型)
糞便
嘔吐物
経口感染
間接感染
死亡率高い(腸炎型)・子犬の突然死(心筋型)
糞便・環境中で6ヶ月~2年間以上生存
ウイルスを除去することは難しい(流行したケンネルではほとんど永久的)
・回復後も1ヶ月以上ウイルス排泄
媒介物で容易に伝播(ハエ・ゴキブリなど)
消毒剤に抵抗性・日光
犬伝染性肝炎
(犬アデノウイルスⅠ型)
肝炎 尿
糞便・唾液
経口感染
間接感染
伝染力強く接触によって伝播・死亡率高い(子犬の突然死)
外部寄生虫・媒介物によっても拡がる
尿中に6~9ヶ月間ウイルス排泄
環境中で安定・体外で10日間ウイルス生存
消毒剤に抵抗性・熱・乾燥
④犬伝染性喉頭気管炎
(犬アデノウイルスⅡ型)
喉頭炎
気管炎
気道分泌物 空気感染
間接感染
伝染力強い(人・犬小屋・食器・水容器)
感染後から8日間ウイルス排泄
軽度呼吸器症状
消毒剤に抵抗性・換気・熱・乾燥
⑤犬パラインフルエンザ 気管支炎
扁桃腺炎
気道分泌物 空気感染
伝染力が非常に強く集団飼育下では急速に広がります
単独による感染はまれで不顕性感染
多くは混合感染(ケンネルコフ)
混合感染や二次感染をおこすと重症になり死亡することもあります
非常に弱いウイルスで体外での長期間生存しない
消毒剤で容易に不活化・換気・乾燥
⑥犬コロナウイルス 腸炎 糞便 経口感染
間接感染
伝染力強い・予後良好
キャリアー犬から数週~数ヶ月間糞便中にウイルス排泄
消毒剤と熱に弱い・低温に抵抗性
⑦犬レプトスピラ
・イクテロヘモラジー型
・カニコーラ型
・ヘブトマディス型
腎炎
肝炎・腸炎
筋炎
尿
(ネズミ)
汚染された食物・水・土壌
経口感染
経皮(創傷)感染
間接感染
キャリアー犬から数ヶ月~2年間尿中にウイルス排泄
一定の地域に持続して多発する・淡水中で長期間生存
ほとんどの消毒剤・熱・乾燥・日光
⑧狂犬病 脳炎 唾液 咬傷
(創傷感染)
死体の中・室温・冷蔵下においてウイルス生存し続けるが、
生体外では紫外線・熱により容易に不活化
ほとんどの消毒剤・石鹸・熱・乾燥・日光などで不活化
⑨新生子犬
ヘルペス感染症
致死的出血性
全身性感染症
(緑色下痢便)
口鼻分泌物
排泄物
経産道感染
経胎盤感染
直接感染
キャリアー犬の分泌物の中に約3週間ウイルス排泄
至適ウイルス増殖温度(35~37℃)
ほとんどの消毒剤と洗浄剤・熱・エーテル・酸などに抵抗性弱い

注意:
消毒剤に抵抗性のある場合は、塩素系消毒剤(次亜塩素酸Na・複合次亜塩素酸・二酸化塩素ガス溶存液)を使用して下さい。
アルデヒド系消毒剤(グルタルアルデヒド・ホルマリン)を使用する際には最大限の注意を払って下さい。(毒性強力)
使用説明書の用法・用量・注意点などを厳守し毒性のあるものについては慎重に取り扱って下さい。

犬混合ワクチン
 2種   ①・② 
 4種   ①~④ 
 5種   ①~⑤ 
 6種   ①~⑥ 
 7種   ①~⑤・⑦  
 8・9種    ①~⑦ 

猫の主要伝染病

症状 感染源 感染方法
特徴
①FCV
(猫カリシウイルス感染症)
ネコ風邪
口腔潰瘍
唾液
鼻汁・眼脂
(尿・糞便)
飛沫感染
接触感染(直接・間接)
経胎盤感染
経産道感染
キャリアー猫(30日以上~数年間・持続的ウイルス排泄)
死亡率低い
体外のウイルス生存期間8~10日間・伝播力は非常に強い
環境中に1ヶ月以上・低温では長期間感染力保持
消毒剤に抵抗性
②FVR
(猫ウイルス性鼻気管炎)
ネコ風邪
激しい鼻汁・眼分泌物
唾液
鼻汁・眼脂
(尿・糞便)
飛沫感染
接触感染(直接・間接)
経胎盤感染
経産道感染
キャリー猫(持続的ウイルス排泄)・死亡率低い
体外のウイルス生存期間18~24時間
ほとんどの消毒剤
③FPL
(猫汎白血球減少症
または猫伝染性腸炎)
出血性腸炎 尿・糞便
唾液・嘔吐物
鼻汁・眼分泌物
経口感染
経鼻感染
間接感染
経胎盤感染
最も伝染力が強い・死亡率(25~75%)
環境中にウイルスは1年以上生存(何年間も生存)
消毒剤に抵抗性
④FeLV
(猫白血病ウイルス感染症)
免疫抑制
リンパ肉腫
貧血・口内炎・鼻気管炎
唾液
尿・糞便
経口感染
経鼻感染
経胎盤感染
経乳感染
多くは発症しない・持続性ウイルス血症の死亡率は高い
乾燥状態では宿主外でウイルスは数週間しか生存しない
慢性キャリアーは数年間にわたり時に一生ウイルスを排泄し続ける
ほとんどの消毒剤・洗浄剤・乾燥
⑤FCI
(猫クラミジア感染症)
長期の結膜炎
肺炎
気道分泌物
眼脂
飛沫感染
接触感染(直接・間接)
経胎盤感染
経産道感染
慢性化(キャリアー)・長期間ウイルスが潜状
目ヤニの中に大量のクラミジア・呼吸器感染の免疫力弱い
消毒剤に弱い  熱・乾燥
⑥FIV
(猫免疫不全ウイルス感染症)
免疫抑制
慢性難治性疾患
唾液 咬傷
(外傷・交尾・接触)
(経胎盤感染)
戸外を自由に徘徊する雄猫の感染率が高い
数年にわたり衰弱死・体外のウイルスは不安定(数分~数時間)
ほとんどの消毒剤
⑦FIP
(猫伝染性腹膜炎)
持続的な発熱
(抗生物質無反応)
腹水・胸水
多臓器障害
尿・糞便
口腔・気道分泌物
経口感染
経鼻感染
経胎盤感染
若令・群飼・不顕性感染が多い・発症すれば致死的
体外のウイルス生存期間は室温で1日以内
キャリアーは何年間もウイルスを排泄し続ける
消毒剤で容易に不活化
猫混合ワクチン
 3種   ①~③ 
 4種   ①~④ 
 5種   ①~⑤ 
 7種   ①~⑤(FCV3価) 
一覧に戻る

診療カレンダー

一般診察・皮膚科

午前
予約
午後
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
診察時間

午前10:00~13:00

※最終受付 12:45

予約13:00~15:00

午後15:00~18:00

※最終受付 17:45

〒651-1121
兵庫県神戸市北区星和台3-18-36

078-594-1811 診察のご案内

サイトメニュー

名誉院長コラム スタッフブログ 公式ブログ アニコム損害保険株式会社
PAGE TOP