犬猫のアトピー・アレルギー・脱毛症・外耳炎・涙やけ等でお困りの方は、あきらめずに皮膚病専門の神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院にご相談ください。

日本獣医皮膚科学会会員
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院
【神戸市】犬・猫皮膚科一般診療
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院 tel:078-594-1811
午 前 診
10:00~13:00
※最終受付 12:45
午 後 診
15:00~18:00
※最終受付 17:45
木・日・祝 定休
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
院長コラム

院長のコラム

一覧に戻る

犬猫のノミ対策

夏に向かって気温の上昇と共に、虫たちも活発に活動を始めます。犬猫に普通みられる外部寄生虫は、ネコノミとイヌノミです。犬に寄生するノミの76%はネコノミで、猫に寄生するノミの94%は ネコノミであると報告されています。ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモットなどにもノミの 寄生することがありますが、それらの多くはネコノミでありイヌノミはまれです。

散歩の途中でノミの寄生することもありますが、実際には屋内でノミが繁殖して人やペットに何度も再寄生をします。また暖房の効いた家庭環境では、冬場でもノミの寄生と繁殖をくり返しますので退治が必要です。
ノミは犬猫のとくに背腹部と猫は頭頚部にも寄生し、著しい掻痒(体を咬んだり舐めたり)・紅斑・ 痂皮・糜爛・脱毛・貧血(とくに幼若な子猫と子犬)・精神障害などをおこし、被毛の間に動き回る褐色の成虫や黒コショウ状の粒(ノミの糞)がみられます。犬では、ノミアレルギー性皮膚炎・湿疹・細菌性皮膚炎・脂漏性皮膚炎を、猫では、粟粒性皮膚炎・好酸球性斑状病変などをおこします。
人間も、とくに膝から下の部分で吸血により激しい掻痒・紅斑・丘疹・水疱・皮膚炎などの直接被害をうけます。また媒介疾病には、瓜実条虫(犬条虫)・縮小条虫・小型条虫の消化管内寄生虫や、猫のひっかき病・ 猫ヘモバルトネラ・ペスト・発疹熱・野兎病などがあります。

環境中に存在する成虫は、ノミ総数のわずか5%しかいません。残りの95%が卵・幼虫・蛹です。カーペット・ソファー・畳の隙間・家具の陰などの掃除をこまめにし、飼育場所を清潔に保つことが 大切です。ノミは乾燥や日光に弱いので、天気の良い日には、犬小屋・ベッド・敷布・クッション・ ぬいぐるみなどを天日干しして下さい。

犬猫のノミ対策

ノミ駆除剤には、スポットオン・スプレー・ムース・首輪・パウダー・シャンプーなどのタイプがありますが、最近は安全性・有効性の高いスポットオンタイプが主流になっており、首輪・パウダー・ シャンプーは使用する事が少なくなっています。
室内犬や屋外犬にかかわらず一年を通したノミ対策を 心がけましょう。 

一覧に戻る

診療カレンダー

一般診察・皮膚科

午前
予約
午後
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
診察時間

午前10:00~13:00

※最終受付 12:45

予約13:00~15:00

午後15:00~18:00

※最終受付 17:45

〒651-1121
兵庫県神戸市北区星和台3-18-36

078-594-1811 診察のご案内

サイトメニュー

名誉院長コラム スタッフブログ 公式ブログ アニコム損害保険株式会社
PAGE TOP