犬猫のアトピー・アレルギー・脱毛症・外耳炎・涙やけ等でお困りの方は、あきらめずに皮膚病専門の神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院にご相談ください。

日本獣医皮膚科学会会員
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院
【神戸市】犬・猫皮膚科一般診療
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院 tel:078-594-1811
午 前 診
10:00~13:00
※最終受付 12:45
午 後 診
15:00~18:00
※最終受付 17:45
木・日・祝 定休
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
院長コラム

院長のコラム

一覧に戻る

犬の熱射病

熱射病は、熱中症の中の最重症タイプです。犬は、体全体に汗腺が発達しておらず、足の裏と鼻平面と外耳道にしか汗をかかないので、暑さには弱い動物です。汗の代わりに口を開けて粘り気の少ない唾液を流し、体温調節をしています。
は犬よりも暑さに強く、一般的に熱中症はあまり見られませんが、悪条件下では発症することがあるので注意が必要です。

好発犬種は、パグ・シーズー・ペキニーズ・フレンチブルドック・ボストンテリア・ボクサー・ ブルドッグなどの短頭種、ハスキー・アラスカン・サモエドなどの北方犬、ゴールデン・ ラブラドール・ニューファンドランド・セントバーナード・グレートピレニーズなどの大型犬です。また、肥満犬と老犬でも陥りやすい傾向にあります。

■原因
高温・多湿の環境、風通しの悪い場所、屋外で長い時間直射日光を浴びたり、暑い時間の散歩、過激な運動、車での移動時や車内の閉じ込めなど、体温の放散が妨げられた時です。

■症状
高体温(41~42℃以上)・突然の虚脱・流涎(よだれ)・皮温上昇(体は火のように熱い)・開口呼吸・ パンティング(あえぎ呼吸)・呼吸速拍・頻脈・起立困難~不能・意識障害・痙攣・ 可視粘膜充血・瞳孔散大・乏尿~無尿・多臓器不全(肝・腎障害)・ショック・突然死などです。

■対処法
体の冷却と塩分を含んだ水分の補給です。クーラーの効いた部屋へ移動させたり、アイスパックを胸部などにあてたり、冷水で濡らしたタオルなどを かけたり、全身に水を浴びさせたりします。また送風をあわせてすると効果的です。(扇風機を固定して長時間断続的に体に風を当てていると起立困難をおこす事があるので注意してください。)

熱射病

最後に、ほとんどの原因が飼主の不注意によるものです。重症の場合は死亡するケースがあるので、迅速に動物病院に連絡し相談して下さい。 

一覧に戻る

診療カレンダー

一般診察・皮膚科

午前
予約
午後
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
診察時間

午前10:00~13:00

※最終受付 12:45

予約13:00~15:00

午後15:00~18:00

※最終受付 17:45

〒651-1121
兵庫県神戸市北区星和台3-18-36

078-594-1811 診察のご案内

サイトメニュー

名誉院長コラム スタッフブログ 公式ブログ アニコム損害保険株式会社
PAGE TOP