9月~12月は繁忙期のため全診療日を『完全予約制』とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。
神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院TOP > 院長コラム > 犬猫の視覚について

院長コラム

院長のコラム

一覧に戻る

犬猫の視覚について

犬の視覚

犬は一般に目が悪いと言われており、「近視」・「乱視」・「色盲」ですので、物体はモノクロでピンボケに見えます。ただしサイトハウンド犬種(アフガンハウンド・グレイハウンド・ボルゾイなど)は、遠視で遠くまで見渡せることができる鋭い目を持っています。
昼間の犬の視覚は人間より劣っており、視力は0.2~0.3位です猫0.1~0.2)。約30cm~1m以内まではハッキリ見ることが出来ますが、10m離れると飼主の顔がもはや判断できなくなります。また近づき過ぎても良く見えていません。または8~10m位までの距離ならば人間の顔を個体識別できる高い能力を持っています。
犬猫は動体視力(人間の4倍)が非常に優れており、遠くで速く動く小動物をキャッチすることを得意にしています。1.5km離れて動いているキツネを認識することが出来ますが、静止しているものは100m程度離れたらすでに区別できません。
獲物である小動物が危険を感じると一瞬動きをストップさせて立ち止まる行動は敵の視界から身を守る為のものであり、この固まる状態「石になる」は小動物が生まれて真っ先に覚えることです。

犬種により目が顔の横の方に離れてついていたり、出目で外へ突き出しているのは、視野を広くするためです。人間の全体視野が約100~180度で、犬約200~280度猫約250~280度あり回りがよく見えて獲物や外敵を素早くキャッチできる構造になっています。
しかし全体視野は広いのですが、立体視野(両眼視野)が狭いので人間が正面から近くでハッキリと立体的に見えている物でも、犬にはあまりよく見えていない可能性があります。(立体視野は人間120度・犬80~100度猫120~130度)
細やかな物や小さな物の形状や立体的(距離感)に物を見る能力に劣っています。 しかしサイトハウンド犬種は頭部が細長く横幅が狭く目が顔の前面についているので、人間の様に立体的に物を見ている範囲が広がっています。

猫の視覚

猫は夜行性で犬も元来は夜行性動物だったので、暗所で最もよく目が見え人間よりもはるかに鮮やかに見えます。暗闇で視界が保てることは、獲物を捕る時に有利です。
人間には無い反射板(タペタム)が網膜の裏にあり、光が当たると反射して反射光と入射光の両方が集光して網膜を通過することにより、わずかな弱い光でも増幅(40~50%増)されて犬は人間の1/3の光猫1/6)でも物を見ることが出来ます。例えると懐中電灯と構造的に似ています。
暗闇で犬猫などの動物の目が輝いていたり、写真を撮った時に目が光って写るのは、タペタムに光が当たり黄緑色の光が反射したものです。
しかし色の識別能力は感度が鈍いです人間は網膜に視神経が約120万本分布しているのに対し、犬猫は約17万~20万本しかありません。また網膜には多数の視細胞(桿状体と錐状体)が並んでいます。
桿状体は弱い光に反応し暗所でも明暗(白黒)を判別する細胞で人間の7~8倍あります。錐状体は強い光に反応し明るい所で色の識別や形を見分ける細胞で人間の1/6~1/10しかありません。
しかも人間は赤・緑・青色それぞれを認識する3種類の錐状体(3色識別性)があり様々な色が解かりますが、犬は赤を識別する細胞がほとんどなく2種類(2色識別性)です。青と緑は人間と同じように見えますが、赤っぽいものは灰色に見えていると考えられます。また黄・紫色も判別することができるようです。また猫は3色識別性ですが赤色を薄いピンク色にしか認識できないようです。
昼行性で色彩豊かな果物を主食としていた霊長類が色彩能力を発達させたのに対し、夜行性で獲物を捕らえるのに色の識別はさほど重要でなかった犬猫の色彩能力に違いがあるのは自然なことです。

犬猫の目の内側(内眼角)には、人間には無い膜状の第3眼瞼(瞬膜)があります。
目に入った異物をワイパーの様に拭い取ったり、涙を眼球表面に塗りつけたり、眼瞼を閉じると同時に左右の瞬膜が眼球を覆いしっかりと保護したりする役割があります。また消耗性疾患・栄養障害・削痩・脱水・神経系の異常や、眼球に疼痛・炎症・創傷・強い光を受けた時、目を覚ました直後・眠りかけて目を細めている時などに瞬膜に覆われます。
犬の睫毛(まつげ)は、上眼瞼の上部にはありますが下眼瞼にはありません。(の睫毛は上下に生えています)

それから犬は目を凝視されるのが、敵意・威嚇・警戒・対立を示し脅威となるので、正面から無理やり目を見つめ刺激する様な事はなるべくしないで下さい。

犬の日常生活での五感の利用率は、嗅覚40%・聴覚30%・視覚20%・味触覚10%です。視覚はそれほど重要なものではありません。(人間は視覚80%以上
または、嗅覚20%・聴覚40%・視覚20%・味触覚20%程度だと思われます。
視力が低下したり失明したりたとえ完全に盲目になっても、意外にうまく対応しています。
犬がよく知っている家や庭の中なら、すぐれた嗅覚や聴覚によって、あまり物にぶつかったりせずに動き回ることが出来ます。生活する部屋を決めたり家具の配置を変えないようにし、戸外へ散歩する時は危険に会わないように注意してあげて下さい。
また犬が寂しがらないよう、出来るだけ触れ合ったり話しかけたりしてあげる事も大切です。

一覧に戻る
お知らせ 9月~12月は繁忙期のため全診療日を『完全予約制』とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

診療カレンダー

一般診察・皮膚科

午前
予約
午後
初診・・・要予約
平日・・・予約優先
土曜・・・完全予約制
診察時間

午前10:00~13:00

※最終受付 12:45

予約13:00~15:00

午後15:00~18:00

※最終受付 17:45

〒651-1121
兵庫県神戸市北区星和台3-18-36

078-594-1811 診察のご案内

サイトメニュー

名誉院長コラム スタッフブログ 公式ブログ アニコム損害保険株式会社
PAGE TOP PAGE TOP